スマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていない

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

現在、格安SIM・格安スマホを提供する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

したがって、スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

具体例として通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

さまざまなMVNOもdocomoの回線を使用しているにも関わらず、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

この「回線帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。

SIMカードとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。

大手キャリアだと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月々1000円なんていう費用に。

ここはひとつ、検討してみても良いかもしれません。

大手キャリアのスマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの会社が売っている端末は、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。

ただし、SIMロックが設定されていても、docomoの端末の場合は、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

普通は、データ回線がふとければ一気にアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、料金だけでなく回線や設備の品質も含めて会社を選ぶ必要があることが分かります。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモの回線を使用している業者であればドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは実は使えないのです。

そうなったら、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

おすすめ⇒テザリングしたい。格安SIMでxperiaもOK?

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です