docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけ

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

データ通信が安くできる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、こうした大手通信会社が手がけるサービスを選択するのもありかもしれません。

格安SIMを使うことができた場合、通信費の削減が出来ます。

docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下ということも。

とりあえず、見直しを考えてみても良いと思います。

通常、帯域がしっかりしていればユーザーやアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、値段だけでなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択した方が良いことが分かります。

スマホやタブレットにはSIMロックされているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのサービスを利用することができます。

SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、ソフトバンクとauのものは残念ながら使えません。

そのような方は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

一例を挙げると利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

さまざまなMVNOもNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「太い回線帯域」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

参考:格安SIM おすすめ 通話

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です