実際に速度を比較してみると仮想移動体通信事業者によっては

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、インターネットやメールは問題なくできます。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行ける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

でも、実際に速度を比較してみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

たとえば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「データ回線帯域の太さ」と「設備」とは会社によって異なるものです。

一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる事業者を選択する必要があることが分かります。

おすすめサイト⇒格安SIMを家族間でシェアした結果

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です