原材料に自信があるドッグフード

ペットフードは、人間が食べても大丈夫な新鮮な材料が使用されているものを選びましょう。

ペットの健康に良くないペットフードと言うのは、多くの農薬が残っており出荷できない野菜など、人にとっても害のある廃棄用の食材が含まれています。

人が食べると害があるものは、人より内臓機能がイマイチな動物たちにとっても良いはずがありません。

また、新鮮な材料を使っているドッグフードは、犬などのペットの食いつきも良いので、添加物など、有害な物質を使っての加工の必要が無くなるのです。

そうだとしても、飼い主が試食するわけにもいきませんよね。

ドッグフードに使われているお肉や野菜などが新鮮かどうか、人が食べても大丈夫なものかは、製造元Webページに記載されているので、確認すると良いでしょう。

原材料に自信があるドッグフードであれば、Webページにしっかりと記載されています。

ペットの食事で最も大切なのは、栄養のバランスです。

ごはんといっても、ペットショップなどに行けば様々なものがあり、選ぶのも一苦労だと思います。

ペットが必要な栄養素は、ビタミン、ミネラル、タンパク質などと人と変わりありませんが、人とイヌとネコなどでは最適な栄養バランスは違うのです。

ペットフードはスーパーまたはペットショップなどで買えるいわゆる一般的なペットフードには、袋入りの乾燥したドライタイプと、缶、真空パックで売っている柔らかいウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプのものはだいたい水分が6%から10%程度に抑えられる一方、ウェットでは6割から9割程度水分が含まれています。

なお、半生タイプの水分量は25%から35%程度と言われています。

ドライタイプだと開封しても長期保存ができ、手軽である上に価格も手頃なので人気があります。

ウェットタイプは開封後は長持ちしないですが、おいしいですね。

犬の食事の頻度は朝と夜の1日につき1~2回が原則ですが、もしできれば1日の量を3回なんかよりも分けてあげてください。

ちょこっとずつ食べることで消化し、吸収が良くなるのです。

動物は食事の量というよりも頻度で満たされると言われています。

ご飯をもらえる頻度が多いほど、犬にすると幸せな時間が、増して心もおなかもバッチリです。

続きはこちら>>>>>車についてペットの臭い消し

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です