必要な栄養素の効果を考えた

「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。

なぜかと言うと、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。

言うまでもありませんが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。

妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を注意してください。

いまの不妊状態から脱出するのに、食事を見直すことも大切だと思います。

栄養をもとに卵子も精子も作られているので、乱れた食習慣を続けていては充分な活動量を持つ精子や卵子は、あまり期待できないでしょう。

育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。

偏らない、健全な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。

赤ちゃんを授かって専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。

はかには、野菜もそうですね。

食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が熱によって失われやすいというリスクを理解し、葉酸摂取の計画を立てましょう。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

葉酸の含有量が多い食材は、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。

同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の処方を受けると、早々に妊娠が発覚しました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。

上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。

夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、幸い、早々に二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

葉酸が多く含まれている野菜についてですが、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜と呼ばれるものが該当します。

妊娠した後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。

葉酸は先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

納豆や貝類を食べるのをおススメします。

不妊に効果のある食べ物というと、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。

鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。

ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く偏らない食事にするのが理想的です。

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は今しばらくは我慢するべきでしょう。

妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、普段の生活を送っていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合もあります。

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのが葉酸サプリを飲む事なんです。

普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、食事での葉酸摂取に不安がある方も安心です。

妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。

普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りません。

ですので栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。

最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売っていますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。

PRサイト:子供用のカルシウムサプリとは

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です