通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測る

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選ぶことをオススメします。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

仮に格安SIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

大手キャリアだと6000円以上かかる料金が、格安SIMだと月に1000円程度という料金プランも。

いったん、検討してみてもいいかもしれませんね。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、一気にアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、設備投資がしっかりしていれば、通信データを安定して供給できるので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、値段だけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

でも、実際に速度を比較してみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例えば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

多くのサービス提供元もドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、回線の帯域である太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「回線の帯域の太さ」とこの「設備」とは会社によって異なるものです。

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードという名称の小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>格安SIMの安定とおすすめ

標準

安くデータ通信ができる「格安SIM」

スマートフォンや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMカードを使うことができます。

仮に格安SIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。

au等ですと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々1000円ということも。

ここはひとつ、検討してみてもいいかもしれませんね。

SIMとは、docomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称のICカードのことを指しています。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

通常、帯域がしっかりしていればユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、安ければ良いということではなく回線や設備の品質も含めてサービスを選定する必要があることが分かります。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、ソフトバンクとauのものはなんと使うことが出来ないのです。

それでも使いたい場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、ロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

今、格安SIMを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると各社によって違う場合があります。

具体例としてアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、データ回線の太さと通信の設備に影響されるからです。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」はMVNOによって異なっています。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

引用:格安SIMと安定した速度の関係

標準