いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはず

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

今現在、格安SIM、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、サービスのスペックとしての速度は最大でも150M程度など、どのMVNOも大差はない状態です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

具体例としてアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

スマホやタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのサービスを利用することができます。

普通は、データ回線がふとければアクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなくサービス品質も考慮して会社を選ぶ必要があることが分かります。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月に1000円程度という料金プランも。

一回は、検討してみても良いと思います。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

docomo回線の事業者であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。

そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。

携帯端末に、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。

こちらもどうぞ>>>>>格安SIMでかけ放題!おすすめの格安SIMはここ

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です