格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます

格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安SIMだと1000円未満という料金プランも。

とりあえず、検討してみても良いと思います。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIM初心者の方や、メインとして使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

スマホやタブレットにはSIMロックされているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMを他社のものが使えないSIMロックがかけられています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMのサービスを利用することができます。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、利用者が増加しても、速度が低下しにくく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、インターネットやメールは問題なくできます。

格安SIMや格安スマホを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上の速度は最大でも150M程度など、何処でも大きな違いはない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると会社によって違うことが分かります。

例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

さまざまなMVNOもdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「太い回線帯域」と「通信の設備」は会社によって異なるものです。

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われているICカードのことを指しています。

携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

ドコモの回線を使用している業者であればiPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

お世話になってるサイト⇒格安SIM かけ放題 無制限

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です